アダルトチルドレン 回復

Image Replacement

繰り返される虐待はPTSDになる

ac-5.gif

突然、大きな事故に遭遇したり、殺害現場を目撃したり、または自分が襲われて被害者となった場合に起こるPTSD(心的外傷後ストレス性障害)はたびたび繰り返される虐待によっても同じような症状を示すようなことがあります。

強烈なトラウマの記憶が心から消えずに何度もその事件や出来事が繰り返して思い出され、過去のことであるにもかかわらずもう一度起こっているかのように体験されるフラッシュバックというものです。

そのような状況に置かれた場合、身体的、精神的にパニックを起こし感情が爆発したり集中力がなくなったり、生きる気力を失ったり異常に怯えたりという症状があらわれることがあります。
とくに虐待の中でも性的虐待は親だけでなく自分自身を憎み、自分の存在価値がないかのように考えてしまう傾向があります。

この種の虐待はほとんどの場合、誰にも相談できずに一人で苦しんでいることが多いからです。
自尊心は薄れ、自分を愛することができず、大人になっても心の傷が癒されていないため、感情のコントロールができないために突然感情が爆発したりします。

アダルトチルドレンの人の心の傷を癒して回復するためには傷ついた自分のインナーチャイルドを癒すことが必要です。